福岡中洲昼キャバ求人には「シフト自由」の文字が書いてあったりしますよね。

シフト自由だなんてなんとも有難いお言葉だと感じるものですが、完璧に自分の都合に合わせたシフトが組めるかどうかはまた別問題です。

話が違うじゃないと思うかも知れませんが、キャバクラの求人は大体どこもそのようなものだと思って割り切って応募するようにしなければなりません。

シフト自由に働くことが出来ると言っても店で決められている条件の範囲内でという意味が殆どです。

だから「何曜日の何時から何時まで働きたい」という希望が必ずしも通るわけではないのでご注意下さい。

一番多いのは週末だったらシフト自由という場合が多いです。

キャバクラの求人の中には「週1からOK」と書いてある物も同時に沢山あるのですが、此処で言う週1というのはあくまで週末のことを指していることがほとんどです。

夜キャバの場合は金曜日と土曜日、昼キャバだったら土曜日と日曜日のいずれかの出勤だけでも大丈夫ということです。

もし週1日だけ働きたいという希望を持っている方ですと、週末に入ることが出来る方じゃないと採用は厳しいかも知れません。

経験者の方は入店することができますが、経験がない方の場合は出来るだけ週末や祝日に入ってくれるようにと頼まれることがあるかと思います。

まずお店の方に平日でも週1で働くことが出来るかどうかなど確認してから面接の申し込みをするようにしましょう。